ゆうのお日さま発電所

2012年08月15日

再エネ発電賦課金と太陽光発電付加金で122円!

数あるブログの中からお立ち寄り
くださり、有難うございまするんるん

NEC_0062.JPG

NEC_0063.JPG

NEC_0070.JPG

8月13日の発電
天気曇り一時雨
日照時間4.7h
発電電力量14.36kwh
最大発電電力☓.☓☓kw
13日までの発電電力量
207.2kwh
13日までの消費電力量
219.7kwh

NEC_0066.JPG

8月14日の発電
天気雨のち曇り
日照時間0.0h
発電電力量8.25kwh
最大発電電力2.40kw
14日までの発電電力量
215.5kwh
14日までの消費電力量
231.7kwh

14日までの1日平均発電電力量
15.4kwh

1週間前の1日平均発電電力量は
16.3kwhなので0.9kwh減少しています。
11日から天候不順が続いているので仕方ないのですが。

14日までの1日平均消費電力量
16.6kwh

消費量が0.3kwh減りました。
微々たる数字ですが、増加したことを思えば
嬉しくなります。省エネ目標まであと0.6kwh削減よ。

お盆で実家へ遊びに行っている間に四国電力から
8月分の「電気ご使用量のお知らせ」が届いていました。
使用量は昼間146kwh、夜間206kwh計352kwhです。

昨年8月の使用量は昼間247kwh、夜間186kwhなので
−81kwh節電できています。昼間101kwh節電できたのは
エアコンの使用を1台止めたからです。これが大きい節電になりました。

請求予定額も6,382円。昨年より2,164円節約できました。
今月は、燃料費調整単価が昨年より0.31円上がっていたのでよかったぁ〜。

ところで先月から全量買取が始まり
8月分の電気料金から、再エネ発電賦課金
が太陽光発電付加金と共に加算されましたね。

四国電力は九州電力に次ぐ高額負担金。本年度については、
太陽光発電の余剰電力買取制度に基づく太陽光発電促進付加金を
あわせて負担するので、標準家庭(電気の使用量300kWh/月、
電気料金7000円/月)の負担水準は、105円/月になります。

私の家なんか太陽光発電を設置してても122円です。
内訳は再エネ発電賦課金が77円。太陽光発電付加金が45円です。
もし太陽光発電を設置してなければ、もっと負担金は多くなっていたはず。

7月の発電実績のデータに当てはめてみると
消費電力量が466kwhなので、再エネ発電賦課金が
466kwh☓0.22円/kwh=102円
太陽光発電付加金が
466kwh☓0.13円/kwh=60円
計162円になるわけだわ。

負担金は電気を使う私たち全員で負担するのだけど
負担金は過去の分が累積されていき、高くなっていきます。
システムを導入していない家庭の負担は大きくなるばかりです。

売電収入の金額に一喜一憂する前に
自分の家はなぜ太陽光発電を設置したのかを
ゆっくり考えるいい機会じゃないかと思います。

今日の1曲
Berdien Stenberg - Vivace





























ラベル:Berdien Stenberg
posted by ゆうゆ at 21:50| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。